「アフィリエイトに疲れました・・・」という
メールを読者の方から頂きました。

本当は「仕事だろっ!」と、ツッコミたかったんですが、
いきなり説教はマズいと思い、優しく諭しました(笑)

まあ気持ちは分からなくもないですけどね。

一人で作業して成果になかなか繋がらないと、
マイナス思考になる時もありますよね。

パソコンの向こうには人がいるとか、
PCを相手にしてるんじゃなくて、お客様のことを考えてとか、
言われても実感わかないですもんね。

ダイエットでも勉強でも、ネットビジネスでも、
自分のやっていることが目に見える成果として現れないと、
普通の人は長続きしにくいもの。

そういう意味ではネットビジネスと言っても、
完全にネットだけで完結するものよりも、
「ネット」+「リアル」はおすすめです。

私はマーケティングコンサルタントとして、
リアルビジネスを営む方にネットの知識を絡めたコンサルをします。

ベンチャー企業で働いていた頃は、約500社の経営者に、
ネット集客を教えていました。

ネット+リアル、特に法人対象はオイシイですよ~。

何が良いって、やっぱり儲かりますもん!

私の知人のインフォプレナーでもネットで成功してから、
法人相手のコンサルを行っている方が何人もいます。

やはり相手は法人ですし、大抵のことは経費で落とせます。
2万円程度の情報商材の購入をためらう一般消費者とは違います。
使う金額も一般消費者とは桁違い。

アフィリエイトで月収100万円とか言ってるのが、
バカらしくなって来る世界です。

やはり儲かるからというのが一番のオススメの理由。

二番目はPPCの審査に泣かされるようなことがない点です。

PPCの広告審査が却下される時の理由として、
不明瞭なビジネスと判断される場合があります。

YahooやGoogleから見たら何売ってるか分からんって事ですね。

我々は情報商材なんて当たり前になっていますけど、
一般の人にとってみれば、まだまだ怪しい世界ですよ。

相手が判断することですし、こちらはコントロールできません。

だったら、審査に通りにくいようなビジネス辞めちゃえばってこと。
既存のリアルビジネスなんて、普通に広告審査通ります。
本当は、それが正常なんですけどね^^

オススメの三番目は相手の顔が見えやすいこと。

やっぱり相手の反応があるのは嬉しいものです。
それだけでやる気が出ますね。

アフィリエイトでは誰かに感謝される機会って、
あまりないですから。

誤解されるといけないので補足しておきますが、
リアルを絡めると言っても、必ずしも電話対応の必要があるとか、
人に会わなきゃいけないとか、そういう意味ではないですよ。

そういう絡め方もありますけど、
ネットだけで完結する形もあります。

正確に言うと、ネットが誕生する以前から存在したビジネスに、
ネットの知識を応用するっていうイメージです。

一例としては太陽光発電の見積り一括サイトがあります。
この場合は一般消費者向けですね。

太陽光発電の導入を検討している人と、
その業者を結びつけるマッチングビジネスです。

太陽光発電は以前からあるビジネスです。

でも既存のビジネスに慣れ親しんだ人たちは、
ネット集客に非常に疎いです。

だから、あなたのネットの知識を使って、
昔ながらのビジネスで頑張ってる人を助けてあげよう!
まあ、そんな感じです。

無味乾燥なサイトとか作ってるより遥かに楽しいし、
感謝されたら、次も頑張ろうという気になる、
そしてそれが収入につながる。

理想のビジネスだと思います。
あと競合も少ないですしね。

アフィリエイターだらけのレッドオーシャンで、
なぜあえて戦いを挑むのだ(笑)

あなたがまだアフィリエイトで結果が出ていない場合。

さらに人に感謝されて、やりがいを感じながら、
収入を得ていきたいと考えているのであれば、
リアルビジネス50は本当にオススメですよ。

おすすめの記事