ハリーポッターの原作者である、
J・K・ローリングが無名のシングルマザーとして、
生活保護で生計を立てていた頃の話。

彼女は要らない紙に、
自分の名前を何度も書いていました。

その姿を友人が見て、
なぜそんな事をしているのかと尋ねたところ、
彼女は次のように答えたのです。

『私は将来、ベストセラー小説を書きます。
サインの依頼がたくさん来るようになるから、
今からその練習をしてるの』

それを聞いて友人は笑いましたが、
彼女だけはそれが現実になることを
心の底から確信していました。

生活は貧しく達成できる見込みは、
全くなかったにもかかわらず・・・

しかし、彼女は世界中に知れ渡る作家になり、
人々が羨むほど大成功したのです。

2007年に経済誌フォーブス誌がエンターテイメント業界で
活躍する女性資産家のトップ20を発表した時には、
総資産1210億円で世界第2位にランクインしています。

まさに大富豪ですね^^

誰もが実現できる小さな目標を笑う人はいませんが、
大きな夢の場合、身内や友人からも批判する人が必ず出ます。

でも、それで簡単に諦められるなら、
厳しいようですが最初から夢なんか見ない方がいい。

その程度の覚悟でしかないのだから。

他人から受ける批判や嘲笑は実にありがたいもの。

それに耐えてまで達成する覚悟があるかを、
私たちに問いかけくれる試金石だからです。

あなたには人に笑われるくらい大きな夢はありますか?
そして、笑われたとしても成し遂げるだけの志はありますか?

あなたがもし本気であれば、
私も こちら を通じて、
本気のサポートで応えたいと思います。

「人に笑われないのなら、それは独創的な発想ではない」by ビル・ゲイツ

おすすめの記事