「九条さんは無名なのに実績出せてスゴイですね」と、
そんなメールを最近よく頂くようになりました。

IT起業で成功してる人って、
有名人ばかりなんですよね。

それ自体は素晴らしいことです。

ただ、知名度があって売れるのは、
当たり前だろと思う人もいるでしょうね。

ネームバリューが有利に働くのは、
どんな世界でも共通しています。

大企業なら会社名さえ出せば仕事がもらえるのも、
珍しいことではありません。

でも、我々は無名の中小企業みたいなもの。

「いや、お前はMicrosoftだから大企業だろ」
というツッコミは無しでお願いします。

あくまでもIT起業に関して私個人の話です。

無名なのに私が結果が出せる理由は、
大きく3つあると思います。

●500社の法人コンサルを行う過程で、
無名の中小企業がいかに勝つかを
探求し続けてきたから。

●表に出るのが好きではないので、
無名のまま裏方として稼ぐと決めていたから。

●マーケティング、セールスオタクだから。

セールスに関しては研究するのが、
半分ライフワークになってますね♪

先日はメンズエステ体験に行ってきました。

別に痩せる為じゃありません(笑)

体験コース後に本番コースへの
セールスがあるのは分かっているので、
どんな営業をするのかを観察する訳です。

かわいい女の子が頑張ってセールスしてるのに、
私は「下手だな」「クロージングはこうした方がいいな」とか、
考えてるわけです。

中には上手い子もいるので勉強になります。

営業の勉強材料として、
エステ体験は非常に参考になるので、
オススメですね。

エルセーヌメンズ

Gスタイル

ラパルレ

ネットの事しか考えない人とは根本的に違うんですよね。

ネットビジネスという表現も世間的に浸透してきたし、
私も便宜上、使用することはありますけど、
本来そんな言い方はおかしいわけです。

ネットというのは単なるツールなんですから。

電話を使うから電話ビジネス、
FAXの場合はFAXビジネス。

そんな言い方しないですよね?

商売の原則はネットだろうが、
対面営業だろうが変わりません。

私はネットだけに限定せずに、
販売そのものを追求し続けています。
それをネット上で応用するから結果が出る。

そして、上手くいった点だけコンサル生にフィードバックする。
だから、コンサル生が結果が出るのは当たり前です^^
コンサル権利付きアフィリエイトディスカバリー

おすすめの記事