前回の自己アフィリエイトは実行しましたか?
まだの場合は確実に実行しましょうね。
マニュアルダウンロード

報酬が発生したという感想を多数頂いています。
やれば誰でも確実に収入になります。

結局、IT起業の成功者というのは、
他の人より行動したという違いでしかありません。

さて、簡単に稼げる自己アフィリエイトですが、
実は問題点もあるのです。

それは各プログラムの申し込みは1度だけという点。

例えば、化粧品サンプルであれば、
同じ商品を何度請求しても報酬になるのは一度きり。

そう、この方法は継続収入にはなり得ないのです。

ですから、この方法で得た収入は、
継続収入を得るための軍資金として使いましょう。

では次にやるべきことは何か?

実際、脱サラして独立起業したいけど、
何から始めたらいいかという質問をよく頂きます。

そんな時に勧めるのが「販売代行」です。

簡単に言えば、人の商品を代わりに売って、
売れたら報酬をもらうというスタイルですね。

自分の商品やサービスを既に持っていればいいのですが、
多くの人はそうではありません。

商品を作ってセールスして、サポートも行なって・・・

そんな事をしていたら、
収入になるまでに時間がかかり過ぎます。

一度に色んな事に手を出すのではなく、
まずは他人の商品を売りながら営業力を身に付ける。

その方が最短最速で結果を残せます。

独自の商品を開発するのは、
それからでも遅くはありません。

販売代行というと難しく考える人もいますが、
代理販売、委託販売は昔からある方法です。

インターネット以外のオフラインの場でも、
販売代理店というのは日常的に接すると思います。

不動産の仲介業者なんかもそうですね。
当然ながら物件は彼らのものではありません。

物件(商品)を提供するのは売り主や大家。
仲介業者は顧客獲得を代わりに行っているだけ。

契約に至れば仲介手数料をコミッションとして頂くシステム。

こんな感じで自分は商品を提供するのではなく、
最初は営業に専念すればいいのです。

私も日本一のセールスマンの経験がありますが、
販売のプロフェッショナルになれば、お金に困ることはなくなります。

商品が変わっても人がモノを買う原理は同じだからです。

営業力を身につけたいのなら、コチラ が非常に参考になります。

今まで仕事で販売をした事がない人は非常に危険です。

事務、総務、経理、カスタマーサポート等の
直接的に利益を生まない職種はリストラ対象になりがちですし、
賃金の安さを求めてアウトソーシングされやすいからです。

現時点で問題無いとしても高齢になってからでは、
取り返しが付きません。

私はMicrosoft社員ではありますが、
いわゆるIT技術しかないエンジニアではありません。

専門はマーケティングやセールスです。

「どう売るか」のプロなのです。

営業を極めれば業界が変わっても、
絶対に食いっぱぐれる事はありません。

むしろ企業側が頭を下げてきますよ^^

リアルのビジネスだろうが、IT起業だろうが、
人間心理は変わらないし、商売の原則も同じです。

ですから、販売代行で営業力を磨きましょう。

それではまた!

おすすめの記事