IT起業で借金地獄を脱出した体験談。

私が幼い頃に両親と生き別れになり、
年老いた祖父母に育てられた話を以前したと思います。

幼少期にはゴタゴタがありましたが、
上京して社会人になってからも、
試練が私を待ち受けていました。

祖父の心筋梗塞、そして祖母のガン。

手術費用などで我が家は多額の出費をするはめに・・・

当時は私も全く売れない営業マンだったので、
歩合給はほとんど貰えませんでした。

祖父母の病気に加えて、数々の問題が重なり、
私は複数の消費者金融に手を出す事になります。

プロミス、アコム、オリックス・クレジット、ノーローン等々。

今でも手元にローンカードが残っていますが、
片っ端からカードを何社も作っていきました。

当時は家賃も満足に払えずに、
「今日を生きる」のに必死だったのです。

督促状や取り立ての電話が鳴り止まない毎日。

心の休まる暇がありません。

生きてる心地がしないというのは、
ああいう状態のことなんでしょうね。

まさに生き地獄でした。

支払いが滞り、ある一社においては、
金融事故扱いでブラックになりました。

死ぬほど苦しい人生のドン底を経験しましたが、
自らの努力と多くの人々の手助けもあり、
何とか這い上がることができました。

人生は一種の試験なので問題が、
我が身に降りかかることがあります。

どんな問題が発生し、どう解けばいいかを
事前に知ることはできません。

しかし、どんな問題であれヒントは人生の途中で、
たくさん与えられるようになっています。

さまざまな気付きの機会が用意されているのです。

だから決して諦めずに問題に立ち向かい、
人生の問題集を解いて、生き抜いて下さい。

「お金が全てじゃない」

私も心からそう思います。

お金さえあれば幸せになれるとは思いません。

しかし、お金があることで避けられる不幸は無数にあります。

お金がないことがどれだけ苦しいか、
私は骨の髄まで味わいました。

願わくばあなたや大切な人に、
無用な不幸を味わって欲しくありません。

大きな問題が発生してから右往左往するのではなく、
今のうちにIT起業によって資金を蓄えることが重要だと私は信じています。

IT起業で借金地獄を脱出した体験談が、
誰かの役に立つことを願って。
それではまた!

おすすめの記事