ITスキルを身につけ、自分の目標に近づいていく為に取るべき具体的な行動をお話していきます。
 
まず最初に知っておいて欲しいこと。
 

●それは『学ぶ順番』です。
 

多くの人はこの順番を間違ってしまう事で、覚えるスピードが遅かったり、誤解して覚えたり、変な癖がついて修正が難しくなったりします。
 

『木を見て森を見ず』という言葉がありますが、WEBの世界も同じで、全体像を見ずに一つ一つの小さな作業ばかりに目を奪われていると途中で分からなくなってしまう可能性が高いです。
 

私の周りにもそういう人がたくさんいます。
 
ですので、もしあなたがこれから本格的にパソコン技術を身につけていこうと思っているなら、学ぶ順番をきちんと守ることを心がけて下さい。

 
ではその順番ですが、初めに何をやるべきかというと【HTML】を学ぶことです。
 

『HTML?何それ?聞いたことないんだけど』
 

ひょっとしたらこう思われるかもしれませんので、どんなものかご紹介したいと思います。
 

日本の共通語は日本語、アメリカは英語、というようにインターネット上にも共通の言語のようなものがあるのです。
 

世界共通のものです。
 
それが『HTML』なのです。
 
インターネット上の多くのものは、このHTMLを通して、人にも物にも認識されているのです。
 

具体的にどんなものなのか?
 
html
 
こういったものです。

 
これはヤフーのトップページのHTMLの一部です。
 

既にご存知かもしれませんが、こういった言語情報からあらゆるインターネットサイトは作られています。
 

『何これ?宇宙語?覚えられるわけ無いじゃん。』と思われるかもしれませんが安心して下さい。
 

これら全てを暗記する必要はないのです。
 

先ほど申し上げました『木を見て森を見ず』でいうと、これが“森”に該当するわけです。

 
この森に当たるHTMLの仕組みを理解し、言葉で言えば幼稚園児レベルまで覚えてしまえばいいわけです。
 

その後はWEBデザイナーやプログラマー、SEなどを目指すのであれば更に詳しく学べばいいと思います。
 

事実、私はそうやってきました。
 

これからどんな分野で活躍していくにしても、一番初めに、まずHTMLを学んで欲しいと思います。
 

これはWEBデザインの基礎です。すべての基礎となります。
 

まずはこれをしっかり学ぶことが重要です。
 

これが第一ステップです。
 

具体的に学ぶ方法ですが、私がお勧めしているのは“視覚的”に学ぶという方法です。
 

つまり実際に人からレクチャーしてもらったり、ビデオやDVDなどの映像を通して学ぶという方法です。
 

私の経験から言って、本や電子書籍などの文字情報から学ぶのは非常に難しいと言えます。
 

ただでさえ分からないことを学んでいるのに、その分からないことを分からない言葉を使って説明しているものが多いため・・・
 

『さっぱり理解できないということがほとんどです』
 

最初でつまづいてしまうと先に進めません。
 

パソコン技術に関する書籍を出している人というのはその道のプロ、いわゆる専門家なので、初心者の気持ちが分からなくない人が多いです。
 

私たちにとって難しい事も、自分にとっては朝飯前なので“みんな分かってて当たり前”というスタンスで説明しているものがほとんど。
 

ですので“視覚的”に学べるものからスタートしてください。
 

視覚教材は文字情報だけの物に比べて若干費用が掛かることが多いですが、遥かに時間短縮して学ぶことができるのでトータルでは圧倒的に得をします。
 

10時間の時間短縮になれば、コンビニのバイトの時給に換算しても約1万円の価値です。
 

文字情報では理解しきれず挫折する人が多いので、比較しようもないくらいマイナスになってしまうので、必ず視覚教材から学ぶようにしてください。
 

無料体験ズブの素人が自宅でプログラミングをマスターする方法とは?

おすすめの記事