IT起業で独立して成功する方法は無数にありますが、
例えば、私がサラリーマン時代に、こんな事を言って
会社を辞めていった女性がいました。

「中小企業診断士になって困った中小企業を救う!」

あれからかなりの時間が経過しましたが、彼女の噂を全く聞きません・・・

中小企業を救う前に、彼女を救いたい気分です(涙)

残念ながら、中小企業診断士の資格を取得しても、
中小企業の経営者の悩みは解決できません。

私は過去に500社以上のコンサルティングをしてきましたが、
社長さん達の頭の中は売上のことなんですよね。

利益をどうやって増やすのか?

新規顧客の獲得、リピーターの創出、新商品の開発・・・

悩みの9割は売上、利益のことばかりです。

でも、中小企業診断士になっても、それは解決できません。

資格を取得して分析ができるようになっても、
マーケティングやセールスを教えられるわけではないのです。

私の場合は、ほぼゼロから年間10億円レベルまで築いてきたマーケティング力や、
日本一になった営業力があったから、中小企業診断士の資格はなくても、
ひっきりなしにコンサルティング依頼がきたのです。

企業のサポートする自分が集客に困ってたら、
そんな人にコンサルティングしてほしいと思うでしょうか?

中小企業診断士に限らず、最難関の司法試験に合格して、
弁護士資格を取得してもイソ弁(居候弁護士)として、
顧客の獲得ができずに独立できない弁護士は多くいます。

他の士業も同様です。

税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、弁理士などは、
専門的知識は素晴らしいのに、ほとんど集客を学んだことがないので、
売上の立て方を知らないのです。

彼らをITスキルで助けてあげたらどうですか?

IT起業で独立して成功する方法の一つとして、彼らの集客マーケティングの
お手伝いをするのは社会的にも貢献度が高い仕事です。

自身のビジネススキルの向上だけではなく、
それが相手の問題を解決する為にもなる。
素敵な仕事だと思います。

あなたのITの技術を困っている人のために使って下さい。

「商売とは、お客様の『困ったこと』を解決してあげて、お金をいただくものだ」松下幸之助

おすすめの記事