前回の「リアル+ネットビジネス」の話に多くの反響を頂きました。
アフィリエイトで成果を出せてない人が多いようですね。

アフィリエイトは参入障壁が低いですから、
誰でも手軽に始められるというメリットがありますが、
逆にライバルが多いというデメリットがあります。

多数の競合の中で勝てるプランがあればいいのですが、
そうでなければビジネスをやる利点がありません。

「初期投資をかけずに手軽に始める事」が目的ではなく、
「稼ぐ事」が目的なのですから。

簡単にスタートできたとしても、
そこで収入が得られなければ何の意味もありません。

そういう状況の時に取るべき道は二つ。

競合以上の価値を顧客に提供してライバルに勝つか、
競争が激化していない市場に移るか。

競争が激化していない市場として、
「リアル+ネットビジネス」を前回提案したわけです。

「私はリアルと絡めていく程の知識を持っていません」と、
心配される方からもメールを頂きましたが、
オールドビジネスと言われる既存ビジネスに、
それ程のネット知識は必要ありません。

既存ビジネスに携わる経営者はネットを触ってる暇なんて無いのです。
あなたが持っているIT起業の知識なんて知る由もありません。
むしろ、そんな難しいこと話したら相手は困ります(笑)

IT起業におけるビジネス系(稼ぐ系、アフィリエイト系)の分野にいると、
自分のネットスキルの客観的評価が難しくなります。

ネットリテラシーが低い実業の商売人からすれば、
あなたのスキルは非常に高度なものです。
だから、自信を持って下さい。

そして、そのスキルを必要としている人たちが、
リアルの世界では無数にいます。

そこにはブルーオーシャンが開けています。

私はアフィリエイトを否定しません。
私自身もネットビジネスを知るきっかけは、
販売代行というアフィリエイトでした。

そして、この分野で多くのことを学びました。
でも私はアフィリエイトに留まることをしませんでした。

ネットの世界で学んだことを本業に活用することで、
多くの結果を手に入れるようになりました。

今でもクライアントに教える為の検証材料として、
たまにアフィリエイトすることもありますが、
それをメインにする気はありません。

他人と同じことやっても違う結果は出ませんから。

ネットの知識をリアルに応用すると言っても、
「どんな業種がいいのだろうか?」と悩む方も多いと思いますので、
近々面白いオファーをしようと考えています。

私がどうやって年商10億円のビジネスを
構築したのかも公開しようと考えています。

いつまでも仕掛けられる側にいるのは面白くないですよ。

例えば、地域密着型ビジネスの経営者に対し、
ネット集客法を教えたっていいわけです。

社長さん達から何度も頭を下げられて、
めちゃめちゃ喜ばれますよ^^

オフラインの既存ビジネスの人って知らない事が多いんですよね。
だからこそ私はオイシイ思いができるんですけど^^

それではまた!

おすすめの記事